マグのフォトンブラスト(PB)は何がおすすめ?/PSO2

➡ シェアする?

PB

スポンサーリンク

ケートス・プロイ か ユリウス・ニフタ

と大体の人は言いますよね。

恐らくその中で

「全部のPB試しました!でもやっぱりケートス・プロイ (or ユリウス・ニフタ)です。」

と言い切れる人は稀でしょう。

かく言う私も検証なんてことはしていませんッ!

実際のところ、ケートス・プロイやユリウス・ニフタはよく見かけるし、

他のPBより”使えそう”ということは周りを見れば明らかです。

効果を知らない人のために一旦ここで補足を。

ケートス・プロイ/ステータス依存無し

召喚者の頭上を浮遊し、足元にPP回復速度上昇とHP回復の効果を持ったフィールドを展開する。
召喚者が移動すると幻獣もそれに合わせて移動する。
チェイン時は効果範囲が拡大され効果時間も延長されるため、周囲の仲間も効果を得やすくなる。

ユリウス・ニフタ/法撃力依存

対象を吸引しながらダメージを与える。
スタン効果もあり。見た目よりも範囲がある。チェイン時は吸引範囲が拡大し持続時間が延びる。

情報元:http://pso2.swiki.jp/…

これを見て経験上私が思うことは、補助寄りで他プレイヤーとの相乗効果が期待できるということ。

他のPBは、スタンや吹き飛ばしの付与や単体や複数、攻撃範囲などの違いはあれど、どれも単に攻撃するPB。

自分の攻撃力に上乗せできるだけで、他のプレイヤーには貢献できません。

対して、ケートス・プロイとユリウス・ニフタは

  • ケートス・プロイ

⇒ 最大12人がHP&PP回復の恩恵を受けられる。

  • ユリウス・ニフタ

⇒ 敵を密集させ、最大12人が一斉攻撃できるチャンスを作れる。

これが”使える”理由として有力なのかなと思います。

それか、PSEバーストした時に必要になるので持っておく。

というプレイヤーも多いでしょうね。

これもその性質故なんですが。

PSEバースト

数分の間、プレイヤー人数に応じた数のエネミーがその場にPOPし続け、アイテムのドロップ率、ドロップ数も上がる。レアアイテムのドロップ率も上昇する。

情報元:http://pso2.swiki.jp/…

どっちがおすすめなのか

私の場合、PPが枯渇するようならケートス・プロイ

それ以外はユリウス・ニフタです。

使ってみないと分からない部分あると思うので、正直どちらがいいか試してみるのが一番だと思います。

エクスキューブ×8個と親切価格ですし。

(場所はショップエリアのエステと対極の位置にある交換ショップ)

ちなみに、ユリウス・ニフタのダメージは法撃依存ですが、打射職でもそこそこ出ますし、広範囲&高出力のゾンディールとして見ても十分に強力だと思います。

追記(2016.7.12):

ケートス・プロイのPP回復はPA中に効果がありません。そもそもPA中はPPの自動回復が止まります。

フォースは、PAチャージ中にPPが自動回復出来るようになるスキル「チャージPPリバイバル」があるのでケートス・プロイの効果を比較的活用しやすいと言えます。

中でもPP回復手段に乏しいFoBrやFoFiにはケートス・プロイが特におすすめです。

近接職(Hu,Fi,Br)の場合はPAを連続使用することが多く、PP回復は通常攻撃で素早く行うことができます。これらのクラスはチャージや連撃モーション等でPAの時間が長く通常攻撃は短いため、攻撃している時間の内、PPが自動回復出来る割合が少ないです。

先述のフォース程ケートス・プロイを活用できず、もったいない使い方をしているように思います。

そして近接職はゾンディール等の集敵手段を持ちません。リリーパ防衛戦等で使う場面も多いため、ケートス・プロイよりユリウス・ニフタが僕はおすすめです。

PP回復は優秀なリング(PPコンバートやキリンボーナス等)があるのでそれで補う方が良いと思います。

RaやGuRaはトラップでPP回復できるのでユリウス・ニフタがおすすめです。

GuHuでは空っぽになってからのPP回復に苦労するためケートス・プロイまたはPPマグ(別記事参照≫PP回復EとPP回復Jを習得したPPマグ(PP回復特化)の作り方/PSO2)を要検討。

メインTeやBo、Suはクラス特性的にPP回収に優れかつゾンディールが使えるので、試してみて使いやすい方がいいと思います。

後半駆け足になりましたが、閲覧数が多いので追記いたしました。

ご意見やこのクラスはどう?などの質問ありましたら一番下コメント欄よりお願いします。

『 PHANTASY STAR ONLINE 2 』
公式サイトはこちら >> 
http://pso2.jp/

スポンサーリンク

➡ シェアする?

➡ チェックする?